CRAFTS伝統技術

SHIPPO七宝

四季の移ろいの中に美の心を生み出した様々な伝統色で、おふたりの幸せに彩りを添えます。日本の伝統色にはそれぞれ意味が込められています。日本の伝統的な技法でもある七宝で、ふたりの幸せを投影できるシリーズです。

美しい発色と卓越した表現技術

七宝焼とは金属工芸の一種で伝統工芸技法のひとつ。ガラスの成分の中に様々な金属を着色剤として用いて摂氏800度前後の高温の窯で金属に焼き付ける技法です。

微妙なグラデーションは釉薬を盛る厚さで調整していくため、 炉に入れて焼き付けた後に磨いて、 色合いを見て、 また釉薬を載せて焼き付けるという作業を数回繰り返して、 出したい色を表現します。 こうして窯で焼きあげた美しい七宝の色彩と透明感は永遠に続きます。

国内外より高い技術を認められる「Shiki Shippo Jewelry」の簑和田 元氏との共同制作により生まれた江戸巴の七宝ジュエリー。古き良き日本の文化と技を結び丁寧につくられた、一生ものの結婚指輪に選んでいただくことにふさわしい上質で唯一のコレクションです。