CRAFTS伝統技術

WABORI和彫り

和彫りは鏨(たがね)と小槌(こづち)を使って彫っていく、江戸時代に開花した伝統工芸です。硬い鏨の切れ味が際立ち、洋彫りに比べて力強い表現が可能となります。彫りの強弱によってキラキラと輝くラインは、一つとして同じものはありません。

時代と共に受け継がれる技

和彫りは、鏨(たがね)を槌(つち)で叩き、叩いた数と同じだけ作り出される輝く面で金属に華やかな模様を描きます。

その彫金技法は千年以上も昔から寺社仏閣や芸術品を彩り、江戸時代に刀剣装具として開花したものです。時代の流れの中で様々な影響を受け、工芸品や装身具へと変わりながら脈々と受け継がれてきました。

現在では貴重となった熟練した技を持つ職人が、江戸巴のリングに力強くも繊細な模様を描いています。