CRAFTS伝統技術

ZOUGAN象嵌

“象る(かたどる)” “嵌める(はめる)”といぅ意味を持つ「象嵌」。昔からある伝統的な金属・木材などの加工技法で、地金に駆(たがね)で彫金などを施した部分に別の素材を埋め込み模様などを装飾する技術です。日本では江戸時代に優れた職人が多数生まれ、主に刀や甲冑、鏡や根付重箱などの装飾に腕を振るいました。

様々な表現技法

象嵌には様々な手法があり、金属の選び方と合わせてそれぞれ異なる魅力を持ちます。窪みを掘って嵌め込む「平象嵌」は、鐔などの装飾に用いられている象嵌技術の一つで、江戸初期から金工表現技法としても発達し多様化しています。タテヨコに細かな目を刻んだ跡に打ちこむ「布目象嵌」、これは金工作品の内でも唯一暈しを表現することのできる技術です。

ほかに、透かし抜いた図案の穴にピッタリ合わせ嵌める「切り嵌め」、鏨で加工した凹部分にやや多めに鑞材を流し、余分な部分は削り落とす「流し込み象嵌」等があります。

MARRIAGE RINGS 結婚指輪